お金と通帳

資産運用の秘訣|初心者の場合はセミナーへ

口座を開くためには

スマホを使う男性

海外FXを始める際に、業者のところで口座開設を行わなければなりません。鋼材開設の手続きは事前に必要な書類を用意していれば30分未満で行うことができ、事前に流れを理解していれば20分程度で終わります。まず、事前に用意するものとして、書類があります。これは、免許証やパスポートの写真部分など、自分の顔と住所がわかるものを用意することになります。これをスキャナもしくは携帯の写真などでパソコンに取り込み、口座登録のフォームに添付すればそれで大丈夫です。フォームは口座毎に少々異なりますが、たいてい画像を添付するボタンがついています。また、本人確認証の他、住所を証明する書類も必要になります。これは、住民票の他、水道料金や電気料金などの明細書でも大丈夫です。基本的には、本人確認証と住所証明証の2つがあれば大丈夫です。口座開設のためのフォームに必要事項を記入していき、画像ファイルを添付すれば、あとは審査です。
審査といっても、クレジットカードのような厳しい審査ではありませんので、基本的には現在職についていなくても重要点さえ問題なければ審査は通過します。その重要点とは、金銭面での余裕です。現在の資金の余裕の有無を確認し、余裕が無い場合は審査に落ちる可能性があります。この余裕は業者によってまちまちですが、金融資産が100万円以上あるかないかというのが余裕の有無の基準となります。また、株に関して全く経験のない初心者も、海外FXの口座開設審査に通らない可能性があります。